« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

サケは喰え喰え、喰うならば…(チガウ)

●前回までのあらすじ●

サケ(サカナぢゃない方)造りを志し、そのための工芸スキル(醸造技術)取得を目論むアネゴ一行。

しかし、工芸スキル(醸造技術)を得る為には美術品取引スキル(知識)が、そしてその美術品取引スキル(知識)を得るには工芸品取引スキル(知識)が必要だと言う事を知り、渋々と各取引スキルの勉強を始める。

「勉強っつ~か、相場おかまいなしに買いあさってるだけっスけどネ…」
「サケ造り覚えられりゃそれでい~んDA!」

Dai0382

↑強引に押し進めて工芸スキル取得条件まで持って行く。

****** 今日の航海 ******

工芸スキルを得るための工芸品取引美術品取引の勉強を終えていよいよ工芸スキルの取得。

Dai0383

ナポリ商人ギルド工芸品取引スキルを捨て、工芸スキルを修得。
工芸スキル修得後、美術品取引スキルもチャッチャと捨てた。

「ウム、ようやくこれでサケ造りの第一歩が始まったワケDA!」
「早速造りますんで?」

「いや、名産のサケが造れるようになるまでは他のもの造って修行するZO!」

Dai0384

まずは工芸スキルのレベルを上げるために、医薬調合の書レシピを購入。
ジェノバ郊外をむしり、それで傷薬などを造ってレベルを上げる。

Dai0385

↑ひたすらをむしって医薬レベル1傷薬作成

「酒造りの技術上げるのに、草むしって薬草とか造ってってナンかヘンすね…」
「クサだと素材集めがラクだろ!それに養命酒とか薬草や漢方のサケだってあるんだからコレだってサケ造りのベンキョウDA!」

「まぁ…こじつけちゃえばねえ…ところでヨーメーシュってナンすか?」
「うるせー!オマエらガタガタぬかさないでクサあつめろ!」

医薬調合の書
レシピを使った傷薬毒薬に必要な素材は工芸スキルレベル3まではだけで済むので、素材集めが苦手なアネゴにとっては一番いい修行方法なのだ。

Dai0386

工芸スキルレベル2に到達するとすかさず医薬レベル2毒薬作成にスイッチ

ジェノバ郊外でひたすらをむしってを造って、ほどなくして工芸スキルレベル3に到達した。

「ウム、ここらで北欧に戻って醸造の技術(レシピ)だけ学んでおくか…」

Dai0387

ジェノバを後にし、北欧ハンブルグで酒造りの技術である酒造秘伝レシピを購入。

「せっかくだからチョットなんか造ってみるか…」
「おぉ!いいスね、造ってみやしょう!」

と、いうコトでそのままブレーメンに立ち寄り、小麦を購入して現状の工芸(醸造)レベル3で造れる北欧名産品アクアビットを試しに造ってみた。

Dai0388

「ヨシ、出来たZO!」
「オレ達の造った酒だー!」

Dai0389

↑祝杯

「これでこれから酒もバンバン造れるスね!」
「ナニ言ってんだ!今は試しにチョット造っただけDA!」

「え?」
「ジン(工芸スキルレベル5)が造れるようになるまではまだクサむしりすんだYO!」

「うへぇ~やだなぁ><;」

まだまだしばらく草むしりは続きそうです。

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

サケは喰っても喰われるな!(チガウ)

●前回までのあらすじ●

世界の民族衣装
を収集。

「欧州に戻って全部売っちゃったYO!」


****** 今日の航海 ******

Dai0375

欧州に戻り、ブラブラしていたある日のこと…

「む、サケがツクりたい!」
「を!サケの養殖ですか!やりやしょう!」

「バカヤロウ!アルコールのサケDA!」
「ちっ…まぁ確かに最近は南蛮でお酒積んだりするスね」

これまで交易系スキルという分類に一応入るものの中では唯一、調理スキルだけは持っていたので、たまにそれを使って家畜を購入して(もちろん取引スキルはない)肉やハムなどに精製して卸して小遣い稼ぎ(副業)としていたアネゴ一行。

「前々からサケ(サカナぢゃねえ!)を造りたいと思っていたんDA!」
「でもアネゴはお酒そんなに好きじゃないでしょ?のワリには飲める方スけど…」

「だからイイんじゃないカ!ツクったの自分で飲んじゃったりしないからな!」
「なるほどね」

と、いうことでサケ(サカナぢゃないって!)造りに着手することを決めたアネゴ一行、早速サケ(サカナぢゃ…)造りのための情報を集め出す。

「むぅ…サケ(いいよねもう…)ツクるのに工芸の勉強って…醸造ぢゃないのカ?」
「まぁ…そこは…ね…」

サケ造りには工芸のスキルが必要になるのだが、そのスキルを取得する条件として…

「なにぃぃい~!美術品取引の勉強だとぉ~!ナゼそんなモン必要なんだYO!」
「これは意外だったスね…」

さらにその美術品取引スキルを取得する条件として…

「なにぃぃい~!工芸品取引の勉強だとぉ~!ナゼそんなモン必要なんだYO!」
「酒造りって結構ハードル高いんスね…」

それぞれの取引スキルの必要レベルが2ということで、普通に交易などこなしているプレイヤーならさほどでもない条件ではあるが、アネゴにとってはどれも今まで見向きもしなかった未知の世界。

「…ちっ、ここはガマンしてちょっとベンキョーしてみるか」

Dai0376

工芸スキル取得のためにまずは美術品取引スキルを取得するための工芸品取引スキルを取得して勉強を開始。

取引スキルなんてものを取得するのはモチロン初めての体験(ちなみにプレイ年数は5年越え)で、あくまで取引スキルは工芸スキルを取得する手段としての仮取得に過ぎず、これらは工芸スキル取得後サクっと捨ててしまう。(文字通りサケ造りのための勉強で必要な講習を受けるカンジか)

ちなみにアネゴは普段言語スキル枠を通常のプレイヤーに比べてかなり多であろう10コ以上常備しているので、スキル仮取得の枠を工面するのはさほど大変ではない。

まぁいつも書いている通り、アネゴの修得しているスキルかな~り偏ってるのです。

取引スキル交易で取引を行うことで上がって行くため、街をまわってレートおかまいなしに工芸品を買いあさる。
(ホラ、会計スキル持ってないし、工芸品は扱った事がないからおおよその値段もサッパリだしね)

Dai0377

買う!

Dai0378

COWCOW!

「…アネゴ、これ取引の勉強になってない気が…」
「うるせー!レベルが上がりゃイイんDA!」

「………。」

Dai0379

強引に工芸品取引スキルのレベルを2にして、次に美術品取引スキルを取得。

そしてやはり街をまわって美術品を買いあさる。
(トーゼンこちらも普段のおおよその値段もサッパリわからない)

Dai0380

ひたすら買う買う!

Dai0381

むりやり買う買う!

「ウム…コレで取引に関する造詣が深くなったZO!」
「……アネゴ…いえ、ナンでもないス…」

工芸スキル修得に必要な取引の勉強(になったのか?)を一通り(強引に)終え、いよいよ工芸スキル修得に!

「次回に続くZO!」
「おお、珍しい」

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

無事っス!(3/25内容変更)

Dai0374

今回の地震、もとちは大きな被害を受けておらず、無事です。

震災に関するあらゆる事柄について、ニュース等で情報を得た上で、それについて自分が(あくまでももとち個人が個人的に)思うことや感じたことなどをアレコレとネット上で書くこと・つぶやくことはそれを見ている人達にとってプラスには働かない(ポジティブにはならない)と考えております。

ですので、今後もとちの運営するサイトやブログをはじめ、ミクシィやツイッターにおいて私自身は震災の話題や震災に関わる話題には一切触れないと決めています。

ここを訪れる方々には何卒ご了承頂きたく思います。

| | コメント (2)

2011年3月10日 (木)

せかいのみんぞくいしょうたんぽう

●前回までのあらすじ●

仕事をこなしながら世界周航をし、時々開拓街の様子見。
もともと貧乏冒険家(漁師)アネゴ開拓街への投資負担が重くのしかかる。

「むぅ、これはイカンな…」
「アネゴもアッシらも金勘定はニガ手ですもんね…」

****** 今日の航海 ******

Dai0368

「まぁ開拓街はある程度基盤が出来たからナ、開拓投資は程々にして本業に戻るか…」
「じゃあ早速サケ漁に!」

「チガウ!冒険DA!」

ここのところ開拓に注力していたが、また冒険(?)メインの生活に戻る。

notosサーバーではカリブ海域危険無法というループがしばらく続きそうな気配なので、この機会にあまり風土が好きではなく行きたがらないアフリカインドに積極的に出かけることにした。

具体的には、アデンインドでこなせる仕事を請け負い、カリカットで報告および東南アジアでこなせる仕事を請け負い、ジャカルタで報告および東南アジアorオセアニアでこなせる仕事を請け負い、それをアデンで報告という具合にアデンカリカットジャカルタをぐるぐる飽きるまで廻る形。

とくに今回は宗教財宝関係の仕事を請け負い、マメに各地の書庫にも立ち寄りつつ、途中から東アジア安全海域になったので、東アジア方面にも足を伸ばしたりしてみたのだが…。

「アレだな…今回は妙に服に縁があるな…」

Dai0369

↑クエスト「アプサラの舞」の発見物、天女の舞衣(これは発見のみでアイテムはナシ)に始まって…。

Dai0370

↑書庫で出た2枚の財宝の地図オセアニアの上陸地点でタパポプンデタの服。

Dai0371

Dai0372

↑クエスト「鄭成功についての調査」で得た地図でもコルトバタデコーラの2種類の服をGET。

Dai0373

↑さらに日本行きのクエスト「麗人の舞」でも白拍子の衣装の発見と服をGET。

狙った訳ではなく、たまたま請け負った仕事の発見物や地図発掘品が服(衣装)ばかりという妙な巡り合わせになった。

「…ふむ…これらを売ったらそれなりにカネにはなりそうだナ」
「偶然とはいえ助かったスね」

アネゴ一行は発掘品(アイテム)にあまり執着していないので、今回GETしたこれらの服(衣装)も欧州に帰って比較的安価でサクッと売ってしまうつもりだ。

「こうも順調だと欲が出て来るが、一旦帰るか」
「サケ漁も待ってますしね!」

「待ってねえYO!」

一旦欧州に戻り、次は南蛮貿易準備かな?

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

冒険と開拓とお金とサケとチョウザメと

●前回までのあらすじ●

「おっス!オレ達漁業組合“Great salmonsは北米開拓に乗り出したっス!」

「チガウ!」

商会「うみのひつじ」北米開拓に乗り出しました。

****** 今日の航海 ******

商会開拓街にて。

「むぅ…ヒマDA!」

北米開拓においては資金調達と開拓資材の運搬アネゴの主な役割になるので、開拓地に駐屯している間は特に何もすることがなくて暇をもてあましてしまうのだ。

「まだ開拓始まったばかりっスからね…てかボーっとしてるのなら手伝っては?」

「開拓のために十分出資してるんだからそれで十分だろうが!」

「まぁアッシらの専門はサケ漁ですしね…」

「それも専門ぢゃねえYO!」

「ま、ずっとここに駐屯するよりマメに寄ることしにしょうか…無法海域だからリスクはあるが」
「そうスね」

そんな訳で、当初は開拓地に来たらしばらく駐屯している形をとっていたが、方針を変えてある程度間をあけてチョコチョコと様子を見に来る形にシフトすることに決め、本国アムステルダムに戻る。

Dai0362

↑仕事をこなしながらの世界周航1週目

これまでの西周りとは違い、欧州アフリカインド東南アジア東アジアアメリカ大陸欧州と基本的に東周りで仕事をこなした後、ふたたび商会開拓街を訪れるパターンを取る。

Dai0363

↑合間に初のピラミッド(上層)探索をやったり。

Dai0364

サケを獲ったり。

Dai0365

↑仕事をこなしながらの世界周航2週目

ふたたび商会開拓街に戻る。

Dai0366

「うむ、それなりに開拓は進んでいるようだナ」
「順調っちゃ順調っスね…資金かかるスけどね」

「うん…ホントにお金なくなってきたな><;」
「ウチら貧乏ですしね」

商会開拓街の発展に比例して徐々に削られていくアネゴの資金。

Dai0367

「また稼がないとなぁ…」
「それならチョウザメ漁っていい手がありやすZE!」

そうか?そうなのか?

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

レフレックス・ポイントへ!

●前回までのあらすじ●

交易名声「だけ」上げたいという邪な気持ち冒険職のまま商人修行に励む。

アカデミーに通ったり、南蛮貿易に行ったりしてみるものの、案の定スグ飽きてしまいアッサリと撤退。

「ホラやっぱり…ウチらは大人しく漁師やってりゃい~んスよ!」
「アタシは漁師ぢゃね~YO!」

****** 今日の航海 ******

商人修行をアッサリ辞めて、仕切り直しはアムステルダムから。

Dai0355

交易品運搬用に新たに購入した調査用広船の慣らし運転がてら、まずはお馴染みのサケ漁を済まして…。

Dai0356

「やっぱアレだよ、時代は開拓DA!」
「お、北米行くっスか?あっちはまだ無法海域ですぜ!」

「ふふん!冒険者のアツい想いはダレにも止められないのDA!」
「たんに気分屋なだけでしょ!」

思い立ったが吉日、早速商会「うみのひつじ」として北米開拓に乗り出す準備にとりかかるアネゴ一行。

まずは先に単独で北米に上陸し、開拓の基盤をつくる予定でいたが、商会員となったオラッチョさんも丁度都合がついたので同行することになった。

Dai0357

「うみのひつじ」開拓地として目指す海域はテラ・ノヴァ沖。
歴史ではフランスが植民を行い、ヌーベルフランスと呼ばれた地域だ。

「アムスから殆ど真西でラクでわかりやすいだろ?」
「…いつもながら冒険者が聞いて呆れるっスね」

「うるせー!面倒くせ~から言わないだけで他にも理由はいろいろあんだYO!」
「まぁそういうコトにしときやしょう」

厳密にはプリマスからほぼ真西に行くカンジになるが、とにかく出航。

カリブ周辺は無法海域となっており、海賊が徘徊して被害も出ているようだが、何とか無事に上陸地点に到着。

Dai0358

早速開拓地として指定し、上陸開始!

「おお、広いな!」
「広いっスね!」

Dai0359

「ヨシ、オマエら早速開拓にとりかかるZO!」
「ういっス!きっと漁業が盛んな街にしてみせやすぜ!」

「…………。」

まだ商会メンバーが自分とオラッチョさんの2人だけなので、最初のうちは均整の取れた街並みを目指す。

Dai0360

一応のプランとしては交易所などの施設は利便性を重視し、出航所付近に建築する。

人工樹林鉱山などの資源や牧場またはといった農作物産出のもとになる施設は奥の方から配置することで、中央に大きくスペースをあけて、そこに後々商会員が自由に建築が出来るスペースを確保する形で開拓を進めて行くことにしたい。

本来はジックリと腰を据えてコツコツとやっていくコンテンツだとは思うので、今はどうしても気持ちばかりが先に行って、急いで開拓を進めたくなってしまいがちだが、もうしばらくしたら開拓のペースダウンをすべきかなと個人的には考えています。

現状2人ですし、お金も結構かかるものですしね。

Dai0361

「アレだね、シム・シティーみたいだな…」
「そうスね……って、シム・シティーってナンすか?サケの…」

「新種ぢゃねえYO!」

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »