moto.cocolog-tnc.com > もとちとハネコさんとレッスルのあゆみ

全国600億人
FUNKY? WRESTLEANGELS BOOK
レッスルカーニバルSPECIAL
ANGELO PATIO
ANGELO PATIO 2
週刊レッスル増刊 選手名鑑
再見!す~ぱ~れっするえんぢぇるすリプレイ本
週刊レッスル
サバイバー活動内・わ~きんぐが~る&ぷろれすの本
レッスルエンジェルスファンブック1と2
ぷろれすの本4
レッスルエンジェルスファンブック3と4
レッスルエンジェルスファンブック5と6
レッスルエンジェルスファンブック7
レッスルエンジェルスファンブック8
す~ぱ~れっするえんじぇるすリプレイ本
レッスルエンジェルスファンブック9
どんぶりえんじぇるす
ぷろれすの本5
レッスルエンジェルスファンブック10
NWL JAPAN Vol.1

<< 前 | トップページ | 次 >>

再見!す~ぱ~れっするえんぢぇるすリプレイ本

再見!す~ぱ~れっするえんぢぇるすリプレイ本

一番最初にやったリプレイ本は内容が面白かっただけに、装丁があまり良くなかったのが悔やまれた。

そこで前回できなかったこと、特に本としてのレイアウトやより多くの挿し絵の挿入などをシッカリやったリプレイ本をもう一度作ろうということで、再びSFC版レッスルエンジェルスの多人数リプレイに挑む。

この時のプレイヤーはもとちとフータ氏。

CPU団体にプラム女子と日本海女子を加え、時期的に同人企画のレッスルサバイバーに突入していたこともあり、両プレイヤーの受け持ち団体、NWL(もとち)とIWPW(フータ氏)の名前でプレイした。

もとちの団体のメインイベンターは相変わらずサイトー君とちーちゃんの異色コンビ。

対するフータ氏はトップにサンダー龍子を添え、将来的にはBOMさんを台頭させるつもりであったが…

実際にはこのリプレイでキーマンになったキャラはNWLではマスクマン:ブラッティラックと化した神田幸子とIWPW側は遠藤冴子で、IWPWのサンダー龍子に至っては、随分と後からベルトごと入団して来たユッコとムトメにアッサリとエースの座を奪われてしまう。

もとちの本業であるDTP技術を駆使してシッカリとした本を作り、フータ氏と互いにカットを描きあって、完成までに時間がかかったものの、コピー誌ながらに60Pを超える大ボリュームの本が完成。

自画自賛してしまうのだが実際に内容はかなり良く、かな~り長期に渡って再販を繰り返して、もとちの出展したレッスル関係の本では一番の部数が出ているのではないかと思われる。

後に団体経営システムを採用したレッスルエンジェルスサバイバー(1・2)が発売されているが、このリプレイ本だけは今読んでも面白く、まったく色褪せてないので、サバイバーからの新規ファンでも楽しめる作りではないかと思う。

固定リンク