2009年10月、レッスルエンジェルス初のオンリーイベント、レッスルクライマックスにもとちが発行した本。

本当はハネコさんを扱ったまったくの新作本を発行したい気持ちがあったが、夏のファンブック9号作成もあったので、時間的に新作による本発行は無理と判断して、それまでのもとちのレッスル同人活動を総括した総集編本を作成することに。

総集編の対象にしたのはレッスルエンジェルスファンブック以外の原稿で、全部ではないが自分にとって印象深くポイントとなる原稿をチョイスして、それに簡単な回顧録と若干の新作を加えて自分の中ではかなり完成度の高い本となった。

この本をもってレッスルクライマックスというイベントを経て色々と思うところがあるのだが、まぁそれはまたいずれ機会があれば書こうとも思ったが、今はスデに何を思うところがあったのかスッカリ忘れた^^;