第19回挿絵。

「ハネコさんのスタミナ」についての考察。

要は精力絶倫と!

ハネコなぶろぐの本文で何回か書いている通り、もとちは初期(あくまでも初期)のアルシオンという団体が大好きで、女子プロレスのスタイルとしてのある種の「理想の形」をそこに置いています。

この当時の吉田万里子選手はそれまで(全女時代)のファイトスタイルを一新し、肉体改造をして、強靭でシャープな筋肉をつけ、色々なジャベを魅せてくれました。

当時アルシオンは結構マメに観ていたのですが、もっと観ておけば良かったなぁ。