moto.cocolog-tnc.com > ハネコな過去絵

キミはヤングライオン
飛龍式裸締めとミクロイドS
アナこんだバイス
ムネに爆弾
裏♂…いや、投げ
ひやっはぁ~!2
ひゃっはぁ~!
ネックブリーカードロップ
2007年書中ハネコさん
EMLL
スパイシーなアイツ
ハネコマニア3つの誓い
スパイダーマリちゃん的ハネコさん
マスクをぬいだ真相
サルト・モルタル
ハネコなルード
ハネコと呼んで!
しゃ~ぷしゅ~たぁだよ~ん!
ふぇいすROCK!
エンレダテーラ
夜のプロレス
A.Tロック
ティラブソン
控え室で会いましょう
ハネきっく!
マッスゥイ~ン龍子
普段着ラフ

<< 前 | トップページ | 次 >>

ひやっはぁ~!2

ひやっはぁ~!2

第25回挿絵その2

ハネコさんの「試合での付き合い度」の考察で南さんと相対した場合の挿絵。

ここでは南さんは「付き合い度は低い」と結論付けています。

昨今は物凄く南さんのファンが多く、南さんはプロレスにおけるすべての要素にハイスペック(なおかつその上でのサブミッションマスター)を誇るというカナ~リの贔屓目で見られている節があるように思う。

でももとちは南さんは「いぶし銀」に居るポジションのキャラクターで、「プロレスラー」(格闘家とかではなく)としての南さんは「強い」・「弱い」で言えば「強い」にはなるが、「上手」・「下手」で言えば「下手」に入ると考えています。

「エンターティナー性」を売りにするタイプのレスラーではないと感じるのだ。

特にハネコさん相手ともなると「アタリ」が強くなり、ワリと冷めているんじゃなかろうかということで、その辺をまたチョッと大げさに表現した挿絵になりました。

固定リンク